『いつかできるから』のMVのロケ地はどこ?歌詞の意味や解釈も!

いつかできるから今日できる

乃木坂4610月11日にリリースするニューシングルの『いつかできるから今日できる』のMVを公開しました。

センターは齋藤飛鳥さんと、映画『あさひなぐ』で主演を務めた西野七瀬さんですね。

映画『あさひなぐ』の映像も織り交ぜられていて、すごい迫力となっていました。

さて、この記事ではこの『いつかできるから今日できる』のMVのロケ地についての情報や、歌詞の意味や解釈についてのお話をお届けしていくことにします。

興味がある方はぜひ読んでいって下さいね。

それでは早速いきましょう。

<スポンサードリンク>

乃木坂46『いつかできるから今日できる』のMVのロケ地はどこ?

いつかできるから今日できる

さて公開された『いつかできるから今日できる』のMVのロケ地についてですね。

まずはMVの方を今一度確認してみましょう。

何度観てもかっこいいですね。

今回のMVが撮影された場所は、東京の和敬塾と、国の登録有形文化財である栃木県の久保講堂になります。

和敬塾は学生寮みたいですね。

画像もご用意しました。

そしてフォーメーションを組んでダンスをしているメインの場所が栃木県の久保講堂になります。

画像がこちら。

いつかできるから今日できる

オシャレな外観ですよねー。

この久保講堂には僕も行ってみたいと思いました。

MVの世界観を肌を持って体感したいという方は実際に訪れて観てもいいんじゃないでしょうか?

乃木坂46『いつかできるから今日できる』の歌詞の意味や解釈!

<スポンサードリンク>

それでは『いつかできるから今日できる』の歌詞についてですね。

作詞はもちろん秋元康さんです。

ちなみに歌詞をフルで掲載していたサイトがあったのでそちらもご覧になってみて下さい。

歌詞を掲載しているサイト

で、この歌詞なんですけど、完全に映画『あさひなぐ』と密接に関係していますよね。

『あさひなぐ』のストーリーのあらすじを読んだらわかるのですが、あの映画って、なぎなた初心者の主人公を演じている西野さんが、最強のライバルを打ち倒すために奮闘するって感じの内容なんです。

だから歌詞もその主人公の背中を押していくような前向きな内容になっていますよね。

サビのところなんてまさにそうですよねー。

何かを始めるときに最初は上手くいかないことだらけで投げ出したくなることってよくある、でも本当に諦めちゃっていいの?

いつか当たり前のようにできるようになる日がきっと来るぜ?

だから頑張ろうよ。

そんな感じの意味だと思います。

秋元さん、いい歌詞書きますね。

僕は個人的にこういうの大好きです。

 

ちなみに『あなひなぐ』西野さんについて書いた記事もありますので、もしよければ一緒に読んでみて下さい。

西野七瀬のあさひなぐのメガネ姿の画像が話題!私物?ブランドは?

2017.09.13

おわりに

ということで今回は乃木坂46のニューシングル『いつかできるから今日できる』のMVのロケ地歌詞についての情報をお届けしてきました。

やはり新曲のMVが公開された時ってテンション上がりますよね。

早く10月11日になってリリースしてほしいです。

それではそろそろ失礼しますね。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

<スポンサードリンク>

シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です