【娼年】佐津川愛美は映画版でも女性キャストか?水着ホクロって何?

佐津川愛美

石井衣良さんの小説『娼年』の映画化が決定しましたね〜。

この『娼年』は2016年には舞台化もされましたが、その時の主演は松坂桃李さんが演じていました。

監督も舞台の時と同じく三浦大輔さんが務めることになっています。

そして気になるのが女性キャストが一体誰になるのか、ですよね(笑)

今回は舞台版で耳に障害がある娘・咲良を演じていた佐津川愛美さんに焦点を当ててお話をしていくことにします!

<スポンサードリンク>

【娼年】佐津川愛美は映画版でも女性キャストか?

2016年に舞台化された『娼年』では、耳が聞こえない聴覚障害を持った娘・咲良は佐津川愛美さんが演じていました。

映画版の咲良を誰が演じるのか、女性キャストはまだ発表されていないんですよね。

今回の『娼年』R18指定の作品になりますから、女性キャストというのはかなり注目が集まるのではないかと個人的には思っています。

1番可能性が高そうなのは、舞台版に引き続き佐津川さんが咲良を演じる、ですよね。

主人公も舞台版と同じく松坂さんが務めることになっていますし、監督も三浦さんが続投です。

となれば物語の主要人物である咲良も佐津川さんが引き続き任命される。

こう考えるのが自然ですよね。

キャストの情報もどんどん明らかになっていくと思いますので、続報を待ちたいと思います。

映画『娼年』は2018年春に公開が予定されています。

佐津川愛美の『水着ホクロ』って何?【画像】

<スポンサードリンク>

佐津川さんについて調べていると『佐津川愛美 水着ホクロ』ってゆうのが出てきますよね?

おそらくこれは、佐津川さんに水着姿の時に見ることができるホクロがあるから、それを見たいと思った人がそうやって検索をして出たものだと思います。

私も見てみたいな〜っと思ったので佐津川さんのホクロを探してみたんですけど、残念ながらホクロを見つけることはできなかったんですよ・・・。

なのでホクロの画像をご紹介することはできないんですが、その代わりに佐津川さんの水着画像をシェアしますのでジックリ楽しんでいって下さいね。

いかがでしたでしょうか?

映画『娼年』のキャストに佐津川さんが選ばれたら、水着すらつけていない佐津川さんを拝見することができます(笑)

まぁ、そんな期待もこめつつ映画の続報を待つことにしましょう!

おわりに

ということで小説『娼年』の映画化が発表されました。

佐津川さんが舞台版に引き続き咲良役に選ばれるのかどうかはまだわかりませんが、可能性は十分にあると思うので、続報に期待しましょう!

それでは今回はこの辺で失礼します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

<スポンサードリンク>

シェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です